家族葬やオリジナル葬の選択|家族の死と向き合い考える

お葬式

葬儀の流れ

数珠

人が亡くなってしまった場合、葬儀が必要になります。ですが急に大切な家族が亡くなってしまった場合、突然のことで頭がうまくまわらずに、適切に行動することができなくなることが予想できます。突然の事態でも粛々と葬儀を行なうために、一般的な葬儀の流れを確認しておくことはとても大切です。こちらでは葬儀の基本的な流れを紹介します。

まず葬儀と聞くと、お通夜、葬式、告別式を思い浮かべるでしょう。ですが葬儀を取り仕切る遺族からすると、葬儀というのはお通夜の前からすでに始まっています。まず東京の一般的な葬儀の手順としては、病院や自宅でご家族が亡くなった場合、医師によって臨終の確認、遺体の搬送、枕飾り、納棺を行ないます。これらが完了した後に、お通夜、葬式、告別式となるのです。告別式終了後には出棺、火葬、骨上げと続き、遺骨の埋葬をします。一般的な参列者は参加したとしても、この段階まででしょう。ですが遺族には納骨後も遺品整理や住居や契約関係などの社会的手続き、法要や追悼催事の手配などが残っています。

これらが東京の葬儀の一般的な流れとなります。遺族が葬儀で行なわなければならないことはこのように数多くあり、精神的にも体力的にも相当な負担になります。ですが東京には遺族の目線に立って、遺族の葬儀をサポートしてくれる専門業者が存在します。そういったサービスをうまく活用することで、遺族の負担を減らしながら、的確な葬儀を進めていくことができるのです。